360˚|京大発オンラインメディア

京大発オンラインメディアサンロクマル

真面目なことからアホなことまで360°

京都大学最大の謎「総人って何するところ?」へのベストアンサーを考えてみた。

2017/07/27 10:18 公開
高取諒輔

京大一、いや日本一奇妙な学部、京都大学総合人間学部。ソウジン?総合人間?
総人関係者たちによってはじめて語られる、総合人間学部の実態とは・・・?


はじめまして。高取です。

突然ですが、「総人あるある」って結構ありますよね。


・やってることがバラバラすぎて、学校で友達に会わない
・総人広場を占領しがち
・総人でよかったわ〜って言いがち
・総人に転学部しようかなって言われがち
・誰が文系だったのか理系だったのか分からない
・結局吉田南キャンパスから出てない
・総人って変換で出なくて「総人口」から「口」を消す
・ゆるすぎて逆に留年しがち


などなど、まぁいっぱいあるわけですが、

総人あるある第1位と言えば、やっぱりコレでしょう!


「総人って何するところ?」って聞かれる。



総人生なら50回くらいは聞かれたことがあると思います。

よく聞かれるのに、総人生もよくわかっていない。

なんて答えていいかわからない。


そこで、今回は、
「総人って何するところ?」へのベストアンサーをガチで考えました!



メンバー:
司会:総人卒、現ロー2年次。(主:国際文明学、副:自然科学)
Cさん:法から総人に転学部、総人卒、人環博士修了、現社会人。(主:人間科学、副:認知情報学)
Aさん:法から総人に転学部。現総人4回。(主:認知情報学、副:人間科学)
Mさん:現総人4回。(主:人間科学、副:認知情報学)


総人って何するところ?


司会「総人って何するところだと思いますか?」

Cさん「人それぞれなんじゃない?」

Aさん「総人って何してるの?って聞かれたら人それぞれって答えるしかないよね」

司会「あー、1人1人のやっていることを集めて初めてわかるみたいな」

Cさん「1個に答えを決めるともう総人ではないよね」

(えっ、ベストアンサー決めることがすでに無理ってこと??)

Mさん「それぞれ放し飼いの中でやってることが総人でやってることで、やったことがやってることみたい
な」


(もう、わけわかんね〜〜〜〜)


論点整理


〜質問の趣旨は?〜

司会「冷静に、まず質問の趣旨から整理しましょうか」


Aさん「総人のことを話しても、結局あなたは何の研究をしてるの?って聞かれる気がします」

Mさん「総人は個人の研究を聞く前のクッションみたいなものなんですかね?」

司会「なるほど、教育学部なら先生になるんですか?とか法学部なら弁護士になるんですか?とか先入観の押し付けみたいなコミュニケーションの取り方ができますが、総人って先入観が存在しないですからね」

Cさん「でも京大生に限らず、やたら総人のことを聞いてくる人もいますよね笑」

Aさん「そうすると、総人って何するところ?って総人のことを聞きたいのか、個人のことを聞きたいのか曖昧ですね」

司会「個人のは各々なんとか答えてくださいってことで、やはり最難関の総人のことを考えていく方針でいきましょうか。「総人って何する学部?」っていう質問と捉えましょう



〜内容とは?〜

司会「そうすると、まず何する学部なのかという内容を考えて、その内容を的確に答えるベストアンサーを考えるという流れになりますかね?

Cさん「内容については、総人の先生方の考える理想的な総人と、僕たちの思う理想的な総人と、理想とは違う現実の総人で違いますよね」

司会「なるほど、それでは内容について、Ⅰ総合人間学部側で考える理想的な総人、Ⅱ僕たち学生の理想的な総人、Ⅲ実際の総人に分けて考えていきましょうか!


内容面Ⅰ:総合人間学部の見解


司会「とりあえず、Ⅰ理想的な総人のあり方を総合人間学部の公式ホームページでどう書いているか見てみましょう」


総合人間学部は、人間と文明と自然の結び付きに新たな次元を確立するために、人類が直面する様々な問題を人間活動の広範な諸領域を通底させる形で問い直し、これまでの人文科学、社会科学、自然科学を融合した新しい学問の体系を構築することを、すなわち、新たな「人間の学」の創出を目指す。さらに、このような学問的探求を通じて、科学技術の急速な発展と国際化の進展など著しく変化するこれからの社会に対して、持続的かつ創造的に対処しうる広い視野を持った人材を育成することを目的とする。(総人HP [教育上の目標] より引用)


司会「えっと、、、人文科学、社会科学、自然科学を融合した新たな「人間の学」かな笑」

(はい、全然わかりません)



一応、総合人間学部のホームページを踏まえるとこんな学部みたいです(ヒトゴト感)。


総合人間学部は元々京都大学教養部を母体として1992年に設立した最も新しい学部です。
人間科学系、認知情報系、国際文明学系、文化環境学系、自然科学系
の5つの学系に分け、このうちから1つ主専攻を選択し(48単位)、他から副専攻を選択します(20単位)。
専門の世界に身を置きつつも専門の垣根を超えていく精神が養われます。
幅広い知識と教養を前提に、多角的な視点や柔軟な発想力を持ち、コミュニケーション能力とリーダーシップを身につけることを卒業までに求められます。


まあこんな説明でいいですかね。笑


内容面Ⅱ:僕たちの理想的な総人


司会「これはどのように進めていきますか?」

Aさん「何を求めて総人にきたのか、それが僕たちの総人の理想像ですかね」

司会「なるほど。みんな総人に何を求めて来るんですかね?」

司会「ちなみに僕は、元々文系でしたが、歴史と物理の両方を勉強したくて総人にしました。文理両方できるっていうのが大きかったですね」

Mさん「ベタかもしれないけど、僕はやりたいことが決まらなくて、大学に入ってから決めようかなと思って、なんでもできる総人にしました

司会「あー、それ一番多いパターンかもね」

Mさん「でも大学入ってからやりたいことが見つかったかというと、まだ見つかってないんですけどね」

一同爆笑



Cさん「でも高校の段階でやりたいことを決めて受験する学科を選びなさいっていうのは無理があるよね。その表面的なところしか分からないわけだし、もう後戻りできない感じが怖いとか思う」

司会「そう考えると総人っていい学部ですよね!!」
  「他にありますか?」

Aさん「総人って経済学部とかに比べたら就活弱いところもあるかもしれないけど、時間をとにかく色々なところに使えるし、それが強みな気がします

Mさん「ギャング(京大アメフト)でガッツリ練習するために総人に入る人とかもいるよね」

Aさん「手段としての総人みたいな感じですね」

Cさん「総人は自分がどのように使われても嬉しく思うんでしょうね」

司会「なるほど、単位が揃いやすい分、学問以外のことにガッツリ時間を使えるのは1つありそうですね。」



整理すると、

①文系理系問わず学ぶことができること
②大学に入ってからやりたいことを決められること
③学問以外のことに時間を使えること

この3つが、僕たち学生の総人の理想像ですかね。


内容面Ⅲ:実際の総人〜理想とのズレ〜


司会「これまでに上がった理想像と実際の乖離って何かありますか?」

Cさん「僕たちの理想像については、かなり満たされている感じがしますね

Mさん「学問以外にいろんなことをしてるから、たまにクラスで集まると、お前そんなことやってるの??って毎回驚かされるし、ほんまに面白いと思う」

一同「うんうん」


司会「僕たちの理想は僕たちが達成しようとしているから満たされますが、総合人間学部側の理想は僕たちのモチベーションがないのでなかなか難しいですよね

Mさん「例えば、入門科目が上手くいっていない気がします」

司会「入門科目というのは、総人生の唯一の必修科目で、各学系の先生方がリレー形式で講義をして、その学系の様々な分野を知ってもらうものですね」

Aさん「入門科目は形骸化しているように感じます」

司会「形骸化しているというのは?」

Aさん「意欲的な先生とそうでない先生が分かれているのもそうですし、学生もちゃんと聞いてない感じがします」

Mさん「1限からで朝しんどいし、入門はなんで取らなあかんのかなって思っている人も多いですね」

司会「確かに、なんとか単位さえ取れればいいって感じですよね」



Cさん「あと副専攻も上手く機能していないですよね。卒業論文では結局副専攻の内容が反映されないというか、実際は専門だけで書きますからね」

Mさん「それと自然科学って副専攻にしづらいですよね。演習とか実験とか必要なのに、演習って結構しっかりやってないと分からなかったりするので、特に文系から自然科学を取りづらいなぁと思います」

司会「主専攻が自然科学も少ないですよね。文系から自然科学ってかなりハードルが高くて、他方理系で総人に入る人はそもそも文系に興味ある人が多いから、なかなか自然科学に残らないですよね」

Cさん「文系から理系に行くルートをもっと考えないといけないですね」



溢れる総人愛で脱線しましたが、まとめると、

僕たちの理想と現実はだいたい一致していて、
学部の理想は意外と現実とずれているということですね(ざっくり)。


状況によって答えって変わる??


司会「総人が何する学部なのかという内容が分かったので、次にこの内容をいかに分かりやすく伝えるかを考えていきましょうか?」

Cさん「内容を伝えるとしても、ちゃんと答えてほしい状況なのか、簡単に答えてほしい状況なのかで回答も変わってきますよね

Aさん「簡単に答えるって言っても、例えばサークルの友達なのか合コンの時なのかで答える内容も変わりますね」

Mさん「結局欲しいのって、ちゃんと答えるための答えじゃなくて、合コンとかで上手いことごまかすための答えだったりするよね」

一同「間違いない笑」

司会「じゃあ、すでに見た内容を踏まえて、①ちゃんと答える場合②サークルとか日常で簡単に答える場合③合コンで答える場合の3つを考えることにしましょう。まぁメインは③の合コンということで笑」


状況①:しっかり答える場合


司会「これだとこれまでの内容全部でいいですかね?笑」

一同「そうしましょう笑」

(疲れてきた)

司会「一応それっぽくまとめるとこんな感じですかね」


ベストアンサー:

前身の教養学部の話や5学系の話、主専攻・副専攻の話をした上で、
「それぞれの人はちゃんと自分の専門分野を持っているんですけど、他の分野についても知識を持っていて、いろんな考え方ができて、柔軟に物事に捉えることができて、そして学問分野以外にも時間を使うことができるから、学問分野以外にも精通していて、真の意味でのジェネラリストを育てることができる学部です。」

最後に具体例として何人かの研究内容を伝える。


状況②:サークルなどで簡単に答える場合


司会「これについては、僕たちの理想の3つを簡単に答える感じでいいですかね?」

一同「そうしましょう笑」


ベストアンサー:

「大学に入ってから専門を決めれるし、文系でも理系でも何でも学べて、しかも単位も取りやすいから、勉強以外に時間を使いやすい学部」


状況③:合コンで答える場合


司会「これが今日の本題ですね」

Aさん「前身の教養学部とか5学系とか言ったらドン引きされますからね」

Mさん「実践的に使える感じの考えたいですね」

Cさん「斜に構えた感じのとかどうですかね?」

司会「とりあえず、浮かんだのを一通り出してから、ベストアンサーを考えましょうか」


(中略)

司会「今出てるのはこのくらいですかね?」


①既存の枠組みに収まりきらない規格外たちの集まり(イキリ風)
②優柔不断の集まり
③何でもできる変人の中の変人
④京都大学の中で一番京都大学してる学部
⑤Social Organization Japan International(略してSOJIN)
⑥それを考えるのが総合人間学部(深そうで浅い風)
⑦総合大学の中の総合大学


Aさん「④が一番好きかな」

Cさん「④は興味も引けそうでいいですね」

Mさん「これ結局何の答えにもなってないけどね」

一同爆笑


司会「ぶっちゃけ好きなのを使ってくれればいいんだけど、まあでも、僕たちのベストアンサーは④でいきましょうか!」


ベストアンサー:

「京都大学の中で一番京都大学してる学部」


最後に


とはいうものの、ダイエットの話とか、お化け屋敷の話とか興味を持ってくれそうな研究内容を具体例で出すのが一番いいのだろうという話も出たので、総人生はこの記事を参考に、ピンチの質問をチャンスにしてみてください!

まあ、ここに出てるベストアンサーはもう色んな人に見られているので、実際には使いにくくなってますがね!!

はっはー!!