360˚|京大発オンラインメディア

京大発オンラインメディアサンロクマル

真面目なことからアホなことまで360°

【中高一貫別学座談会】子供ができたら、別学に入れる?【光と闇】

2017/05/01 12:13 公開
N

将来あなたに子供ができたなら、中高一貫別学に入れたいですか?
もっと他に考えることあるでしょう…な気の早い京大生4人が、中高生活を振り返ります。中高一貫別学ならではの、光と闇に迫る!

はじめまして!!
旅行の幹事をやりがち系男子学生。N と申します。
よろしくお願い致します。

将来あなたに子供ができたなら、中高一貫別学に入れたいですか?
もっと他に考えることあるでしょう…な気の早い京大生4人がお喋りしてみました。

対談参加者

N:甲陽学院中学校・高等学校(兵庫・男子校)出身
この記事のライター。成績は6年間ほぼ常に下位層。かつて全高総文に出場した。
A:広島学院中学校・高等学校(広島・男子校)出身
スポーツマン。爽やかで誠実。男子校出身ぽくない、とよく言われるそう。
K:神戸女学院中学部・高等学部(兵庫・女子校)出身
多方面で活動中。バイタリティ溢れる女性。「何でもお見通し」な雰囲気がある。

T:洛南高等学校附属中学校・高等学校(京都・共学校)出身
イケメン。いい人オーラが並々でない。男性が圧倒的に多いという洛南。彼の思いは熱い。

4人の共通点

N:我々は全員、中高一貫出身なんですね。ところで、中高一貫であることと男女別学であることは、本来イコールではないですよね。

A:たしかに。でも、京大に多くの生徒を送り出す中高一貫校は多くが男女別学です(2017年時点)。だから、今回はやや強引だけど、ひとまとめで考えましょう。

T:僕は共学ですが、男子生徒が圧倒的に多いです。今回はテーマがテーマなので、気持ちとしては男子校のつもりで臨みます。女子のことを忘れたわけじゃないですよ!!

K:みんな西日本の人ですね。しかも、関西地方3人・中国地方1人。

N:あと、我々はある程度主体的に別学を選んだわけですよね。そこに行かねばならなかった、ではなく。いわゆる進学校というやつですね。しかも6年コース。

【まとめ】
・全員が西日本の(ほぼ)別学6年制中高一貫校出身。完全別学培養である。
・主体的に別学選択してきた過去がある。

※次の項目で関係があるので述べておくと、今回は4人とも異性愛者であった。もっとも「完全な異性愛というものは無い」という言説もある。今回こちらの方面では深掘りできないが、ご容赦願う。

男子校・女子校の闇

~暫しの雑談で打ち解けてくる~

N:やっぱり別学一番の闇は、異性への接し方が分からなくなることじゃない?しかも、少子化と並行して1人っ子が増えているけど、1人っ子だといよいよ周囲に異性がいない。

一同:うんうん。

T:そりゃ、「イケてる」人は難なくこなしていくんだけど、それはスクールカースト上位のわずかな人のことであって、多くの人は卒業後苦労している印象が強い。共学校でも僕と同様の苦労をする人はいるだろうけど、その割合が違うと思う。

K:卒業後もそうだし、在学中も塾とか行くと異性がいるわけで…。そこで初めて自分が異性への接し方を習得していないことに気付く(笑)。私は異性への距離感がなくなっていて、ボディタッチしてしまっていたりしたなぁ。

N:たしかに塾にいたときの自分の立ち居振る舞いとか、思い出すのも躊躇われる(笑)。

T:あれ、というか「してしまって」ってのが既に別学病なんじゃ(笑)。

A:そもそも共学では当たり前だっていうね(笑)。

~全 員 大 爆 笑~

T:僕は特に卒業後の影響を考えるなぁ。「最初にどんなサークルに入るか」ってめっちゃ大事じゃないですか。でも、異性の接し方が分からなかったら当然身だしなみもイケてなくて、そうすると、例えばイケてるテニスサークルのセレクションなんかでは落とされる。そうすると、自分と同じような人たちに囲まれて、それが何年も続くんだよね。入学してすぐの4月にスタートダッシュきれるかどうかはめっちゃ大事なんですよ!!!!

一同:すごい熱量を感じる(笑)。

T:だから、「浪人生活のおかげで、異性と普通に会話できるようになった状態で大学に来ることができた」っていう話を聞いて、それってめちゃくちゃ大事なことだろ!!って思いましたね。

A:なるほど。たしかにめちゃくちゃ大事な気がしてきた(笑)。

N:ところで、みなさんの学校で男子校、女子校らしい闇エピソードはありますか?私の学校では、文化祭で毎年ミスコン(※男子校)が催されています。

一同:やばそう…。

A:うちの高校では裸踊りするんですよね(笑)。

T:それってなんなんですか?

A:2限と3限の間の15分の休憩に、上半身裸でグラウンドまでダッシュして体操していました。そしてダッシュで戻ります。しかも、教員も一緒にです(笑)。

一同:すごい。しかも、ちょっとかっこいい。

K:私の学校では多くの人がmy枕とmy毛布を持参して、特定の時間ではそれらでガッツリ寝ていました。口をあけて寝ていてもいいんですよね。女子しかいませんし(笑)。

N:別学男子が女子に抱く幻想…これにて打ち砕かれる(笑)。

T:よだれ大丈夫かな(笑)。


【まとめ】
やはり1番悩むのは、「異性との距離感」のようだ。近すぎたり遠すぎたり。
どちらにせよこじらせてるってつらい。

今度は光を探してみる

N:それでは、今度は光の部分を探してみましょうか。

T:さっき「スクールカースト」と言ったものの、それを感じることはほとんどなかったですね。

N:同感。いわゆる「カースト上位=運動系、リア充」「カースト下位=文化系、オタク」みたいな区分を強く感じることはなかった。両方の要素を備えつつ、それを公言して憚らない人は沢山いたし、そもそも上だ下だといった概念が希薄だったように思う。

A:見栄を張る対象(異性)がいないからそうなるのかもね。他にも、高校進学前後でいじめがいよいよ消えた。もっとも、これは進学校である要素が大きいかもしれないけど。

K:私は、「強い」女性になれるのがいいと思いますね。例えば、中高では言いたいことを言葉にしていうことが出来ていました。こういう能力は、在学中は勿論、卒業後にお得だと感じる機会が多いです。京大という場ですら、多くの女性には旧友たちほどの張り合いを感じません。

N:自分はKさんの言う「言いたいことを言葉にする力」は涵養されなかったけど、最後の言葉には別のニュアンスで同感。敵を生みそうだけど、誤解を恐れず言うなら、中高時代の方が濃度が高かった。大学に来て、凄い奴に感服するって機会は減った気がする。

T:「そこそこしていれば京大に行ける」って学校では、そう言う人は多いですね。いい意味でプライドを早々に打ち砕いてもらえる場だと思う。そして、そういう場にいたことを誇りに思うんでしょうね。それが母校愛に繋がる。

N:半面、その母校愛がねじ曲がって表出し、大学で浮いてしまう人もいるのが難点。

K:そういう人いますね(笑)。

A:別学という要素のみに絞って言うなら、妙に色気づかなくていいと思います。部活や勉強という中高生ならではのイベントに全力投球できる。恋愛が入ってしまうと、どうしても総量の一部をもっていかれてしまう。恋愛は卒業してからでもできる!!

T:スポーツマンのAさんらしい(笑)。

N:やっぱりAさんかっこいいな。

K:ただ、中高時代の何も考えない恋愛は「中高ならでは感」があります。大学入ってからの恋愛は、どうしても将来のことがチラつきますし…。

一同:たしかに…(各自しみじみと物思いに耽る)

【まとめ】
異性がいないからこそ存分に、やりたいようにやれる。そんな自由さが深い(いや深すぎる)人間関係や、濃い(いや濃すぎる)学生生活につながるのかもしれない。

結局、子供を中高一貫別学に入れたい?

N:進学校であるという点も考慮すると、現状(日本の受験システムも含めて)が続くなら子供に入学させてあげたいなあ。中学受験をする過程に一定の価値を感じているのもあります。最大の懸念、異性への接し方問題は時間が解決するという楽観視をしています。

A:僕は、自分からしたいと言って中学受験をしました。親の誘導もありませんでした。だから、子供の意志を最優先にしたいですね。とはいえ、恋がなくともその分他の青春に打ち込める別学の良さは伝えたいですね。

T:僕は、Aさん以上に子供の意思を尊重したいですね。たしかに、「いい学校」に行ってほしい欲求はあります。それが共学なら共学、別学なら別学で構いません。私は男子が多い共学出身ですし、別学の良さも共学の良さも僅かながら分かっているつもりです。

K:私はできる教科できない教科はっきりしているタイプで、総合力勝負になる高校受験はしたくなかった。子供が同じタイプならきっと中学受験を勧めます。それはニアリーイコールで別学を進めるということになりますね。オールラウンダーなタイプだったらどちらでもいいかな。

あとがき

学校を決めるときの指標はいくつもある。
共学?別学?
校風は?
進学実績は?就職実績は?
学費は?
立地条件は?

今回はわずか4人で軸を絞って話したにすぎない。(これでも絞りきれた感覚は全くない)
また、2校は自由な校風で2校は厳しめの校風だった。各者が思い描く「中高一貫別学」には大きな隔たりがあった。ぜひ自分の過去を振り返り、そして他者と話してみてほしい。発見が山のようにあるはずだ。