360˚|京大発オンラインメディア

京大発オンラインメディアサンロクマル

真面目なことからアホなことまで360°

テニスサークルにどっぷり4年間浸かった僕が、新入生の為に、独断と偏見でテニサーを概観していく

2017/04/06 19:20 公開
profile京大360˚編集部

京大のテニスサークル、数多すぎ。
毎年新入生を苦しめているこの問題。
4年をテニサーに捧げた僕が、助太刀します!

こんにちは。僕は4年間某テニサーに所属していたものです。

京大ってすごいんですよね。
iPS細胞が〜とか、霊長類学の権威が〜とか、そんな高尚な話ではありません。

何がすごいって、テニスサークルの数がすごいんです。

京大にテニサー何個あるか知ってます?

テニスの日本の競技人口は、約400万人、野球は約800万人です。(総務省調べ)京大に野球サークルは10個ほどなので、単純計算すると、テニサーは5個ほどでいいはずです。
同規模ぐらいの阪大でもテニサーは8個ほどです。(友人談)

なんと、京大には、テニサーが30個ほどあります。

どれだけテニス大好きなんだよ。京大。テニス好きはセンター免除されるんですか?

多すぎてどこがどこだか分からない…

ここまでテニサーが多いと、大変なのは新入生ですよね。

別にテニサーの肩を持つわけではありませんが、事実として、テニサーの新歓は楽しかったです。京大に入学するのであれば、一度は行っておいて損はありません。
でも数が多すぎて、「いろんなテニサーから、ビラもらったけど、どこがどこかわかんねーよ。何が違うんだよ。どこが自分にあってんだよ。」と思う人が大半でしょう。

そこで、僕がテニサーを独断と偏見で概観します。分かりやすさを重視してポジショニングしますので、事実とは、ずれることがありますがそこはお許しを。

では参ります。

①AFAF

言わずと知れたインカレ4大テニサー連合。新入生はよくAFAFというサークルがあると勘違いしてるけど、
AFAFは、「A.T.A, Frameshot, Atlantis, FREAK」という4つの大きなインカレのテニサーの頭文字です。

はるか昔は、悪さをしていたらしく、評判は良くなかったみたいですが、今はそんな暴れん坊たちも社会に出ていて、かなり雰囲気のいい秩序あるいいサークルになっているらしいです。

AFAFの魅力は、なんといっても明るい人や才能ある人が多く、またAFAFでの横につながりが強く、対抗戦などを通じて、まるで4つで1つのサークルかのようなつながりの多さを感じられるところです。

大学を機に、多くの人と友達になりたい、と思う人は是非のぞいてみることをお勧めします。

②京大オンリーテニサー

多くのテニサーがインカレ(どの大学でも入れる)なのに対して、京大生だけで構成されているテニサーもあります。具体的には justout, tct, kiddy kids などですね。

このくくりのテニサーの魅力は、テニスが強いところ。京大のサークルの大会ではいつも上位に名を連ねています。とはいえ、明るい人も多いのも見逃せません。また、京大オンリーなので、安心感があります。

ある程度閉じたコミュニティで、精一杯テニスを研鑽したい。そういう人にオススメかと思います。

③食べ物系テニサー

食べ物の名前がつくテニスサークル達もいます。Popcorn, Apple, blueberry, hippopotamus, などがそれに当たります。(カバは食べれるか不明ですがw)

これらのテニサーの特徴は、運営がゆるふわなところです。
上記の2つのグループはスタッフにある程度のコミットを求められますが、ここはある程度テニスもゆるーくやっている印象があります。

雰囲気自体もゆるーいところが多く、「他のサークルと兼サーしたいから、自分の好きな時にサークルに顔を出せればそれでいい」「テニスはしたくないけどテニサーに所属はしていたい」みたいな人には特にオススメです。もちろんしっかりコミットすることもできるので、がっつり楽しみたい人にもオススメです。

④正統派テニサー

アルファプラス、ホワイトライン、TINAなどがそれに当たります。

このクラスタの特徴は、京大オンリー系ほどゴリゴリではないが、しっかりテニスをしたいし、AFAFほど大規模ではないが、しっかりとした規模で楽しみたい。というしっかり地に足ついた運営方針で動いているところです。

いい雰囲気の中で、粛々とテニスの練習をしたい。全員と友達になれるような規模感のアットホームなサークルに入りたい。そういう人にオススメです。

まとめ

どうでしたか? 全てのサークルに言及はできませんでしたが、自分に合いそうなサークルは見つけられましたか? 今勧誘を受けているサークルが、テニサー界隈でどこにいるか把握できましたか?

あくまでデフォルメして話したし、ポジショントークもあると思うので、これが事実だと思わずに、実際自分の目で確かめて下さいね。

皆さんがこの記事を読んで、テニサーについて少しでも全体感を得れたら、興味を持ってもらえたら、幸甚です。

これからあなた達が選ぶ道に正解はありません。でも、人生のどの場面でも(サークル選びでも、就活でも、結婚でも)
しっかり足を運んで肌で感じ、頭でよく考えて、納得感を持って自分の進む道を決めてほしいと思います。

そしてその選んだ道を自分で正解にしていって下さい。では。