360˚|京大発オンラインメディア

京大発オンラインメディアサンロクマル

真面目なことからアホなことまで360°

テニスサークルにどっぷり4年間浸かった僕が、新入生の為に、独断と偏見でテニサーを概観していく

2017/04/06 19:20 公開
profile京大360˚編集部

京大のテニスサークル、数多すぎ。
毎年新入生を苦しめているこの問題。
4年をテニサーに捧げた僕が、助太刀します!

こんにちは。僕は大学4年間をテニサーに捧げた猛将です。なお、未だにアンダーサーブしか打てません。

京大ってすごいんですよね。
iPS細胞がどうとか、霊長類学の権威がどうとか、そんな高尚な話ではありません。

何がすごいって、テニスサークルの数がすごいんです。
新生活への希望と不安を胸に、入学式に向かう新入生は、ほぼ例外なくテニサーの新歓部隊の多さにドン引きします。

京大にテニサー何個あるか知ってます?

テニスの日本の競技人口は、約400万人、野球は約800万人と言われています(総務省調べ)。京大に野球サークルは10個ほどあるので、各サークルの人数規模が同程度だと仮定して単純計算すると、テニサーは5個ほど存在しているはずです。
実際に学生数がほぼ同規模の大阪大学ではテニサーは8個ほどのようです。

ところが、現実には京大にはテニサーが30個前後存在します
はっきり言って異常です。

どんだけテニス大好きなんだ。京大生。

多すぎてどこがどこだか分からない…

ここまでテニサーが多いと、大変なのは新入生ですよね。各サークルは差別化に必死なのですが、
「いろんなテニサーから、ビラもらったけど、どこがどこかわかんねーよ。何が違うんだよ。どこが自分にあってんだよ。
と思う新入生も多いでしょう。

別にテニサーの肩を持つわけではないですが、僕の所感では、テニサーの新歓は抜群に楽しかったです。京大に入学するのであれば、一度は行っておいても損はないと思います。

そこで、そんな迷える子羊である皆さんのために、大学の4年間を捧げた僕がテニサーを分かりやすくご紹介します。ご一読の上、自分に合いそうなところの新歓に顔を出してみることをオススメします。ただ、できるだけフラットにご紹介する予定ではありますが、一部事実と異なる部分もあると思います。ご容赦いただきたく。

では参ります。

①AFAF

言わずと知れたインカレ(他大学の人も入れる)4大テニサー連合。新入生はよくAFAFというサークルがあると勘違いしていますが

AFAFとは、「A.T.A, Frameshot, Atlantis, FREAK」という4つの大きなインカレテニサーの頭文字をとったものです。

AFAFの魅力は、なんといっても明るい人や飛び抜けている人が多いところだと思います。またAFAF間でのつながりが強く、対抗戦などを通じて、繋がりが増えることも大きな魅力の一つだと思います。

大学生活の中で多くの人と友達になりたい!楽しい大学生活を送りたい!と思う人は是非のぞいてみてください。

②京大オンリーテニサー

多くのテニサーがインカレではありますが、京大生だけで構成されているテニサー(オンリーテニサー)もあります。具体的にはjustout, tct, kiddy kids などですね。

これらのテニサーの魅力は、テニスが強いところ。京大のサークルの大会ではいつも上位に名を連ねています。とはいえ、明るい人も多いのも見逃せません。また、京大生しかいないので、なんとなく安心感があるという人もいます。

ある程度閉じたコミュニティで、楽しみながら、テニスにも精一杯取り組みたい。そういう人にオススメです。

③食べ物系テニサー

食べ物の名前がつくテニスサークル達もいます。Popcorn, Apple, blueberry, などがそれに当たります。

これらのテニサーの特徴は、運営がゆるふわなところです。
上記の2つのグループはスタッフにある程度のコミットを求められますが、ここは運営もテニスもゆるーくやっている印象があります。

雰囲気自体もゆるーいところが多く、「他のサークルと兼サーしたいから、自分の好きな時にサークルに顔を出せればそれでいい」「テニスはしたくないけどテニサーに所属はしていたい」みたいな人には特にオススメです。
もちろんしっかりコミットすることもできるので、がっつり楽しみたい人にもオススメです。

④正統派テニサー

アルファプラス、ホワイトライン、TINAなどがそれに当たります。

このクラスタの特徴は、京大オンリー系ほどゴリゴリではないが、しっかりテニスをするAFAFほど大規模ではないが、まとまった規模である。という点にあります。

いい雰囲気の中で、しっかりとテニスの練習をしたい。所属員全員と仲良くなれるような規模感のアットホームなサークルに入りたい。そういう人にオススメです。

まとめ

どうでしたか? 全てのサークルに言及はできませんでしたが、自分に合いそうなサークルは見つけられましたか? 今勧誘を受けているサークルが、どんなサークルなのかイメージできましたか?

これからあなた達が選ぶ道に正解はありません。でも、なんとなく選択するのではなく、人生のどの場面でも(サークル選びでも、就活でも、結婚でも)

しっかり足を運んで肌で感じ、頭でよく考えて、納得感を持って自分の進む道を決めてほしいと思います。

そしてその選んだ道を自分で正解にしていって下さい。一緒にテニス、しましょう。

では。