360˚|京大発オンラインメディア

京大発オンラインメディアサンロクマル

真面目なことからアホなことまで360°

GANGSTERSの主役はもはやこの人たち?【アメフトから日本の大学スポーツを変える挑戦】

2017/03/28 09:05 公開
profileゆき

京大最大級の部活動であるアメリカンフットボール部"GANGSTERS"を紹介する記事です。

今年の我々の目標は学生日本一です。
京都大学アメリカンフットボール部は、過去に6度の学生日本一、さらに社会人を倒して4度の日本一に輝いた実績があります。

ガリ勉集団の京大生が、スポーツエリートを集めた私立大学に、スポーツで勝つ。
こんな夢物語に本気で挑戦し、青春の全てを捧げてきました。

「京大生がスポーツで、日本一。」

もし君がこの言葉に少しでも心踊るなら、その好奇心に蓋をせず、共に最後の青春を過ごしませんか?
君の勇気ある一歩を待っています。

……って感じだと思うでしょ?


アメフト部の紹介って聞いたら、「アツい言葉とアツい選手紹介」って感じだと思いますよね?
この記事にはこれ以降、一切選手は出てきません!
あ、閉じないでください!

選手はどの大学にもどの部にもいる。
ここでは、全国探しても多分GANGSTERSにしかないであろうマネージャーの役割について紹介します。

マネージャーといえば?

マネージャーと聞いてどんな姿が思い浮かびますか?

可愛い笑顔で選手に水を差し出す姿?せっせとユニフォームを洗っている姿?不器用ながらにもマッサージをしてあげる姿?


漫画でよく描かれているよね、そういうマネージャー。

でもよく考えてみて欲しい。

漫画でよくあるような、屋上でお昼ごはんとか放課後の教室での淡い恋とか、実際に経験したって人いますか?

夢見て高校に入学したけど現実はそう甘くなかった、みたいなことってよくありません?


私たちマネージャーもそうです。

「私を甲子園に連れてって」とか言ってる場合じゃないんです。
漫画の世界を夢見ていた人、いたらすみません…。

●GANGSTERSのマネージャーがやってることって?


じゃあ具体的にどんなことをしてるのかっていうと、大きく分けて3つの部門があります。


1つ目は運営部門。
練習や試合を取り仕切ってビシバシと指示を飛ばしつつ部内調整であらゆるところを駆け回っています。
部員が150人以上いるので、会計一つとっても金額が大変なことになってしまいます。
(詳しい金額は想像にお任せします♡)

2つ目は後援団体部門。
部を運営するにあたって、どうしてもお金って必要になってくるんです。
その資金の支援をお願いするのがこの部門の役割。
自分のお父さんが勤めてる会社の社長に会ったり、今年で総勢1000人を超えるOBと話し合ったり…。

肝っ玉が座っていないとやっていけないんじゃないの?
と思うだろうかもしれないけど、やっていくうちに度胸はついてくるので大丈夫です!


3つ目はマーケティング部門
経済学部の専攻かなって思いそうな部門名でしょ。
これで単位が取れたらいいんですが…。
ここ2,3年で一番力を入れている部門です。
多分GANGSTERS以外の部活にはないんじゃないかな。

ここからこの部門についてじっくり語っていきたいと思います。
興味のある方も興味のない方もスクロールしてってください。




●新しいマネージャー像 「マーケティング部門」

突然ですが、ここで問題です。

アメフトの本場、アメリカの大学では毎試合どれくらいの観客が自校のアメフトの試合を応援しにいくでしょうか。



ポクポクチーン。



阪神タイガースの試合で3万人だからそれくらいかな?
いいえ、違います。


こないだ行った嵐のコンサートよりかは少ないでしょ!ってことで5万人。


もっとです。

正解は...




10万人!!
嵐なんて目じゃないね。(嵐はすごいです。もちろん。)


実際の写真がこちら↑↑ 写真には収まりきらないくらいの観客です。


日本でもこれくらい応援されるようになろう!っていうことで結成されたのがマーケティング部門です。


SNSやHPの運営もするし、部の紹介冊子を制作して1冊の本として完成させたりもします。
また、春になれば京大で行われる試合ごとにイベントの企画運営もします。

昨年度の部の紹介冊子


SNSやグッズ販売もただ投稿や販売をするだけじゃなく、反響をリサーチ&分析したり、市場動向やトレンド、競合他団体のデータも収集して分析することで、GANGSTERSが差別化して押し出すポイントを見つけるという真面目なこともちゃんとしてます。


春の試合では、「誰をターゲットにどういった告知をすれば集客が見込めるか」、魅せ方をプロデュースしたり、「もっと観客満足度の高いイベントや出し物はないか」と考えてたりしています。

試合当日はグラウンドにあるオーロラビジョンに大画面で試合の中継を映したり、場内全体に流れるBGMをセレクトしたり、プロによる場内実況を観客席に届けたり…。

いわゆる試合のプロデューサー的ポジションです。
もちろんグラウンドには中継機器もなければ音響設備もないので、その業者に発注するところから始まるんですが、その発注するお金を自分たちでまかなうために企業にゲームスポンサーになって出資してもらえないか話に行きます。


そうやって試行錯誤した結果、昨年の春は1試合で1500人以上の観客に大学のグラウンドまで足を運んでいただけました。






●マネージャーが、日本一を目指す。

話は私たちの部の紹介に戻っちゃうんだけど、
私たち、京都大学アメリカンフットボール部GANGSTERSは本気で日本一を目指しています。

入部動機は本当に人それぞれですが、日本一を手にする為に部員全員が毎日考え、悩んで、ぶつかり合って本気で取り組んでいます。

選手は、もちろん自分たちがアメフトのプレーで相手校を倒すために心身ともにボロボロになりながら練習している。


じゃあ私たちマネージャーは?


アメフトをプレーすることはできないけれど、勉強して、頭を使って、部を日本一に近づけることはできます。

今の日本では「アメフトって何?」って言われることの方が多いかもしれない。
だけど、努力をし続ければアメフトという競技で京都中を、日本中を魅了できるはず。
「カレッジスポーツ文化の発祥地」としての京大。その礎を作るために私たちは戦っています。

少しでも興味がわいたら是非農学部グラウンドを訪れてくださいね。

【イベント宣伝】
4/1(土)に京大最大級の新歓イベントCherryBowlがあります。
毎年500人ほどの新入生が集まり、学部でチームを作るので友達もたくさんできます!ぜひ気軽に参加してください!

4/1(土) CherryBowl @農学部グラウンド 13:00〜